Skip to content


知事「安全側に立った決定」 伊方原発訴訟高裁判断 via 日本海新聞

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、広島高裁が運転差し止めの仮処分を決定した17日、電力会社と結ぶ安全協定で周辺自治体も立地自治体と同じ権限を持てるよう訴えている鳥取県の平井伸治知事は「安全側に立った決定を下したと受け止める」と高裁判断を評価し、「原発は周辺も含めた地域の安全を第一義に運用されなければならない」と求めた。

 また、中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町)の再稼働に関連し、「中国電力に対しては現在行われている審査に真摯(しんし)に対応することを強く求める」とした。(浜田匡史)

原文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.