Skip to content


河野氏「思っていること言えない」=脱原発、持論封印で心情吐露 via Jiji.com

 「閣僚になれば政府の一員として連帯責任を負う。自分の思っていることだけを言うことはできない」。河野太郎外相が23日に行われた衆院予算委員会分科会で、衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表から原発政策に対する考え方を問われ、苦しい胸の内を吐露する一幕があった。

脱原発が持論の河野氏だが、この日は「原発について申し上げたいことはたくさんあるが、これは経済産業省が主管だ」と答弁を避けた。岡田氏が「政治家として信頼性を問われかねない」と迫ると、河野氏は「個人の意見は何ら変わらない」と強調。

続きは河野氏「思っていること言えない」=脱原発、持論封印で心情吐露 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    それでは、信条とは違うことを扱う立場を、何故引き受けたのか疑問です。また、引き受けたのなら、信条を貫くべきでは?誰に対しての「忖度」なのでしょう。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.