Skip to content


火災 福島第2原発 廃棄物処理建屋から煙 40分後鎮火 via 毎日新聞

8日午前9時ごろ、東京電力福島第2原発(福島県楢葉、富岡町)にある1、2号機廃棄物処理建屋で火災報知機が作動した。2階北側の冷凍機室(約400平方メートル)から煙が出ているのを協力会社の作業員が見つけて消火し、約40分後に鎮火が確認された。けが人はなかった。双葉広域消防本部が出火原因を調べている。

 東電によると、同原発の敷地境界に設置されている空間放射線量を監視するモニタリングポストの値に変化はないという。

 建屋は鉄筋コンクリート6階建てで、1、2号機で出た放射性物質を含む廃液を処理したり、作業服を洗濯したりする設備がある。

続きは火災 福島第2原発 廃棄物処理建屋から煙 40分後鎮火 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.