Skip to content


福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 – 東電 via Security Next

東京電力ホールディングスは、福島原子力発電所の事故による損害賠償請求を行った住民の個人情報が、所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、福島原子力補償相談室補償推進ユニットにおいて、損害賠償請求者の個人情報が記載された書類が所在不明となっているもの。

請求者が送付した戸籍謄本3件のほか、「全部事項証明」1件、「役場火災による除籍謄抄本再製不能証明書」1件を紛失したもので、23人分の氏名や本籍、生年月日などが記載されている。

(略)

同社では、送付された書類の受け渡しを社内で行った際に、管理表への記録が漏れたため、受領した書類の所在確認ができなくなったと説明。外部への持ち出しはなく、社内で紛失したとの見解を示しており、対象となる請求者には、説明と謝罪を行った。

全文は福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 – 東電

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    損害賠償をきちんとすることが復興の一歩になるはず。安全神話(福島はもう安全)ばかりが復興として謳われ、こうしたニュースが扱われないことに危惧を覚えます。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.