Skip to content


【福島の放射能の真実】放射能汚染により東京から関西へ移 via 311 Fukushima Voices

[…]

原発事故のことは、ほほ話題になることさえ、なくなりました。もう、終わった話、というイメージですか?

でも、今、私たちの国は今原子力緊急事態宣言が発令中の 国なのです。
今日本は 崩壊した三つの原子炉を持つ 福島第一原発という地獄、を抱えた国です。
溶け落ちた核燃料はどこにあるかもわからずただ冷やし続けるしかない事故は 全く収束の 道が見えません。 少なくとも100年以上は こうした状態が続くと言われています
放射性物質はその間海に山に空に撒き散らされていきます

そして、福島原発事故後の放射能汚染は福島の 問題ですか?
とんでもないです 汚染は東日本全域に、広く、濃く、深刻に、あります。

私は3年半前 原発事故による 放射能汚染を逃れてここ関西の神戸に 家族で移住してきました。それは、東京からです。福島ではないです。

一般的には、放射能の影響など、あるはずもない、と言われる東京、首都圏、そんな場所で健康被害を抱え、西日本に避難してきた、そんな人達は実はたくさんいるのです。
それは、事故直後だけでなく 1年~5年経ってから、そして、今も。

私には福島ではない汚染の強い 関東付近の土地から 避難 された お友達がいます。
避難元である その土地に住む 親類や友人の 体調不良、病気、 これでもか、と、続く、突然死の話を、私は彼女を通して聞いています。

続けざまに 亡くなられた 方々は ここを歩く皆さんとさして変わらない 高校1年生の話でした。

みなさん、 子供が、若い人が 突然なくなるというようなことが そんなに 続けざまに普通にあって 良いものでしょうか。
人はこんなにも 簡単に亡くなるものか
病気というものは これほどまでに溢れているものだったのか

異常なことが起きていると 感じています。

私は 東京でも最も汚染の薄い国分寺という場所から避難してきました。
私には事故の時5歳だった娘がいます 元気で健康そのものだった娘は 事故1年してから おかしな症状で 苦しむようになりました。それがだんだんひどくなり事故の3年後には 全く普通の生活が送れないまでになりました。

そして ある先生のアドバイスで 富山県 沖縄 神戸 福島原発からの 放射性物質によって土壌が 汚染されていない場所に娘を動かすと 娘はメキメキと元気になり 戻ると またぐったりとなってしまう そんなことを繰り返し 私たちは選択の余地なく、 こちら西日本へ移住してきました。

[…]

 

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.