Skip to content


沖縄ヘリ炎上 県が周辺の環境調査着手 放射性物質など via 毎日新聞

 沖縄県は13日、米軍のヘリコプターが不時着、炎上した東村(ひがしそん)高江の牧草地周辺の環境調査を始めた。機体の部品の一部に含まれている可能性のある放射性物質ストロンチウム90の有無や、有害物質による環境への影響を調べるのが目的。

(略)

日米双方で規制する「内周規制線」の中には入れず、機体から100メートル以上離れた土壌やため池の水を採取した。(共同)

全文は沖縄ヘリ炎上 県が周辺の環境調査着手 放射性物質など

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.