勝俣恒久・元東電会長らの尋問申請 福島第1原発事故めぐる株主代表訴訟 via 産経ニュース

福島第1原発事故をめぐる東京電力の株主代表訴訟の第33回口頭弁論が1日、東京地裁であり、株主側は東電の勝俣恒久元会長(77)ら被告5人と、東電社内で津波対策を検討していた担当者2人の尋問を申請した。

(略)

株主側は、勝俣氏らが地震や津波の対策を怠ったため事故を防げず、東電に巨額の損失が発生したとして賠償を請求。1日の弁論では、廃炉作業などで東電の損失が拡大し続けているとして、賠償請求額を9兆円から22兆円に増やした。

全文は勝俣恒久・元東電会長らの尋問申請 福島第1原発事故めぐる株主代表訴訟

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.