Daily Archives: 2016/04/12

Healthcare providers in cath labs may be harmed by radiation via Reuters

[…] Procedures in the “cath lab” – named for the catheters threaded into the heart – are done for all forms of cardiac disease, like congenital heart defects, ischemic heart disease or heart arrhythmias, said lead author Maria Grazia Andreassi … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

Fukushima Five Years After: Health Researchers Turn Blind Eye to Casualties via CounterPunch

By Joseph Mangano and Janette Sherman […] Public health leaders have addressed the topic with ignorance and deception. A search of the medical literature shows only two studies in Japan that review actual changes in disease and death rates. One … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

「原爆症」認定、高裁初判断 現行基準の見直し急務 via 毎日新聞

新基準でも原爆症と認められなかった被爆者を原爆症と認定した11日の福岡高裁判決は「疑わしきは救済する」という一連の集団訴訟での司法判断の流れに沿ったもので、高裁として初判断をした意義は大きい。国は判決を謙虚に受け止め、認定基準の見直しを検討すべきだ。  原爆症認定を巡る集団訴訟で敗訴を重ねた国は2014年1月に新たな認定基準を導入した。しかし、認定に際して原爆炸裂(さくれつ)時に放出された初期放射線を重視する一方で、放射性降下物などによる残留放射線を軽視する傾向は変わらず、国による却下が相次いだ。  これに対し、今回の判決は「被ばく線量の評価には、被爆状況や被爆後の行動、症状などに照らし、さまざまな形態での外部、内部被ばくの可能性がないかを十分に検討する必要がある」として、残留放射線を含め、より広く影響を考慮すべきだとの考えを示した。[…] もっと読む。

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | Leave a comment

White House confirms Obama is weighing visit to Hiroshima during G-7 trip via The Japan Times

WASHINGTON – U.S. President Barack Obama is considering a visit to Hiroshima when he travels to Japan in May for the Group of Seven summit, the White House said Tuesday. It was the first confirmation of reports that the U.S. … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

米大統領の広島訪問検討を認める 「核なき世界」の象徴と報道官 via 沖縄タイムス

【ワシントン共同】アーネスト米大統領報道官は12日の記者会見で、オバマ大統領が掲げる「核兵器なき世界」の重要性を 「最初に核兵器の犠牲になった広島ほど強力に象徴する都市はない」と述べ、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせたオバマ氏の広島訪問を検討 していることを明らかにした。  米政府がオバマ氏の広島訪問を検討していることは既に明らかになっているが、ホワイトハウス高官として初めて公式に認めた。 続きは米大統領の広島訪問検討を認める 「核なき世界」の象徴と報道官

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments

Reports: Fessenheim nuclear accident played down by authorities via DW

 An incident at the Fessenheim nuclear facility in France in 2014 was more serious than previously known. German media reports claim the authorities withheld information detailing the gravity of the situation. Both the French nuclear authority, ASN, and the company … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | Leave a comment

仏フェッセンアイム原発、2014年の冷却水漏れ事故は主電源喪失の重大事故だった可能性 via Business Newsline

2014年4月9日にフランスのFessenheim Nuclear Power Plant(フェッセンアイム原子力発電所)で発生した冷却水漏れ事故は、過去に西ヨーロッパで発生した原発事故としては最悪のものだったことが3日、ド イツのSüddeutsche Zeitungによるスクープ報道により明らかとなった。 この事故は、冷却水漏れが発生したことにより緊急炉心停止装置が稼働するという状況が発生したというもので、流出した冷却水により原子炉の電源がダウンすることで、一時的に、原子炉の制御がフルロス(loss of full control)に陥ったというものとなる。 Süddeutsche Zeitungによると、冷却水漏れにより主電源が喪失し、中央制御室では、原子炉を管理することができない状況に陥ったとしている。その後、制御不能に 陥った原子炉は、緊急炉心冷却装置(ECCS)が稼働することで、非常停止措置が取られたことにより、燃料棒がメルトダウンに陥るという、最悪の状況が発 生することは回避された模様となる。 ECCSにより原子炉が停止した場合、燃料棒が損傷を起こすため、その後の運転再開が非常に困難となるという問題 が発生することとなる。そのため、通常、原子炉で問題が発生した場合においても、最悪の状況の発生が想定されない限りは、ECCSの使用は行わないのが普 通となる。 (略) フランスは既に、フェッセンアイム原発の閉鎖を決定すると共に、原子力発電の比率を現行の75%から50%に引き下げることを決めているが、こうした決定の背景には、フェッセンアイム原発で発生していた重大事故が影響していた可能性もあったこととなる。 全文は仏フェッセンアイム原発、2014年の冷却水漏れ事故は主電源喪失の重大事故だった可能性

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment