Skip to content


40年超の原発 “寿命”を軽視していいか via 信毎Web

関西電力の高浜原発1、2号機(福井県高浜町)が、原子力規制委員会の新規制基準に事実上合格した。

1号機は営業運転開始から41年余、2号機は40年余となる。40年超の原発が「合格」したのは初めてだ。7月までに運転延長審査などを通過すれば、再稼働の道が開く。

原子炉等規制法は東京電力福島第1原発事故後の改正で、原発の運転期間を原則40年に制限し、安全面から“寿命”を規定した。規制委が認めれば最長20年の延長はできる。ただし、政府は延長を「例外」としていたはずだ。

なぜ高浜1、2号機を安全上の「例外」と認めるのか。理由は示されていない。

関電は昨年3月に1、2号機の運転延長を申請した一方、同じように老朽化した美浜原発1、2号機の廃炉を決めている。出力が大きい高浜1、2号機は再稼働すると月に90億円程度の収益改善が期待できる。巨額投資をしても回収できると判断したにすぎない。

古い原発には安全面の課題が残されている。代表的な問題はケーブルの防火性能だ。

1980(昭和55)年に原発の火災防護に関する指針を決めた際、それ以前の原発に対策を義務付けなかった。1、2号機も性能が劣るケーブルが使われている。

関電は全長約1300キロメートルの6割を燃えにくい素材に交換し、4割を防火シートで包むなどの対策を提示した。規制委は了承したものの、80年以降の原発と防火性能が同等か疑問が残る。

原子炉格納容器の強度や耐浸水の問題もある。追加安全対策に約2千億円かかる。これで安全性は確保されるのか、納得できる説明はされていない。

(略)
関電は運転開始から39年になる美浜原発3号機(福井県美浜町)の運転延長も申請している。「40年ルール」の例外を既成事実化することは許されない。

全文は40年超の原発 “寿命”を軽視していいか

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.