規制委、第1原発視察へ 事故5年で状況確認 via 産経ニュース

原子力規制委員会の田中俊一委員長は3日、東京電力福島第1原発事故から5年を迎えるのに際し、自身を含めた委員5人と原子力規制庁の清水康弘長官が同原発を視察すると明らかにした。「規制委発足の原点をもう一度確認する」のが目的という。

同日の記者会見で田中氏は「廃止措置をいかに安全に、速やかに進めるかが大事だ。避難先から帰還する人たちの不安の解消に向け、規制委が何をするべきか確認したい」と述べた。

現地視察では廃炉作業の現状や作業員の労働環境の改善状況を見て回るほか、東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者と意見交換する。

続きは 規制委、第1原発視察へ 事故5年で状況確認

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.