二審も撤去命じる=脱原発の経産省前テント-東京高裁 via 時事ドットコム

経済産業省の敷地内に設置された脱原発市民グループのテントについて、国が不法占拠だとして代表者2人に撤去などを求めた訴訟の控訴審判決が26日、東京 高裁であった。高野伸裁判長はテント撤去と敷地明け渡し、土地使用料(1日当たり約2万円)の支払いを命じた一審東京地裁判決を支持し、市民グループ側の 控訴を棄却した。

判決確定前に強制執行できる仮執行も再び可能となり、市民グループ側は上告するとともに、一審後と同様、仮執行差し止めを申し立てる方針。

市民グループ側は「脱原発活動は生存権に基づくやむにやまれぬ活動で、占拠を認めるべきだ」と訴えたが、高野裁判長は「目的や動機によって、特別な権利が保護されるということはない」と指摘。

続きは二審も撤去命じる=脱原発の経産省前テント-東京高裁

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.