Daily Archives: 2015/08/13

Japan’s nuclear revival won’t lower carbon emissions enough via Nature

The Sendai Nuclear Power Plant on the island of Kyushu broke a four-year lull on 11 August when it switched one of its reactors back on. The restart is the first since Japan’s nuclear-power industry ground to a halt two … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , | 4 Comments

Rural Wisconsin Community Laments Nuclear Power Plant’s Closure via The New York Times

CARLTON, Wis. — Sprawled over 900 acres, the Kewaunee nuclear power plant in this corner of northeastern Wisconsin is an 18-story blue and white tangle of concrete buildings, metal pipes and — deep inside — racks containing spent radioactive fuel. … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 2 Comments

三宅洋平氏「政権取る気あるのか?」脱原発派がバラバラだと批判 via Huffington Post

ミュージシャンの三宅洋平氏が8月12日、東京・渋谷で開かれた無料ライブ「ワールド・ピース・フェスティバル」で、「デモをやっても変わらない」 という意見を批判した。原発再稼働や安保法案に反対するデモが、行われなくなるような世の中になるほうが「ぞっとする」という。 ワールド・ピース・フェスティバルは、ミュージシャンらが安保法案や原発再稼働に意見表明し、平和を願うという趣旨で開催したもの。三宅さんは川内原発が再稼働した11日の前日に現地訪問したときの体験を交えつつ、ステージから原発再稼働反対を訴えた。 三宅さんが川内原発を訪問した日、ゲートの前では、再稼働に反対する人たちがデモを行っていた。参加者には「半年前からテントを張って運動している、左翼のおじちゃんたち」もいたという。 「暑いなか、何千人でトコトコ歩いて行って、(原発の)ゲートの前で『セーンダーイゲーンパーツ、再稼働ハーンターイ!』って言って、何が変わるのかって思うかもしれない。 で もさ、60〜70の左翼のおじちゃんたちが、夜を徹して『人間の鎖だ』って、腕を組んでゲートの前に座り込んでさ。俺は選挙後にストーカーされたりもあっ て、左翼は大っ嫌いになっちゃったけど、そのおじちゃんたちに向かって『何の意味があるのか』なんて言えないし、そうも思わない。 原発が再 稼働するっつーのに誰もデモしなかったら、そっちのほうが俺はぞっとするんだよね。(安保法案に反対して、国会前などでデモ活動を行なう)SEALDsに ついても、『誰それがバックに付いてる』とか色々言われるかもしれないけど、あの子たちがあそこで、大声を挙げないほうが、俺はぞっとするんだよ」 (略) 「左翼のおじちゃんたちが、あのボロボロのズボンはいて、ボロボロの上着を着て運動しているのに、やっぱり(川内原発は)動いちゃったってのが悔しくて。おじちゃんたちも悔しかっただろうなって。そのニュースを新幹線のなかで見て、一人で見て泣いちゃった。 だけど、周りはパソコンしたり、スマホ見たり。まるで再稼働なんてなかったみたいな感じで、『どうなってんだよ、この国は』って思った」 三宅氏は、川内原発の停止期間が690日以上に及んでいたことをあげ、「築き上げた結晶を一瞬で無くしてしまった」と落胆。再稼働の決定について自分が一切、関わることができなかったと主張し、「俺たちが政権を取らないと、原発は止まらないんだよ」と叫んだ。 全文は 三宅洋平氏「政権取る気あるのか?」脱原発派がバラバラだと批判

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment

「空襲も原発も…どうしてここばっかり」 国策と大熊町 via 朝日新聞

しんとしたカラー映像に、米軍機が飛行場の敷地にある建物や、周辺の民家に機銃掃射する場面が続く。飛行機を格納していたと見られる建物にロケット弾が撃ち込まれ、大破した場面で2分9秒の映像は終わる。 特集:戦後70年 標的は、いまの福島県大熊町沿岸部にあった磐城飛行場とされる。大分県宇佐市で戦争記録を調べている「豊の国宇佐市塾」が米国立公文書館から入手して特定し、「事実を目で見て、考えてほしい」と今春公開した映像だ。 跡地にはいま、東京電力福島第一原発がある。原発事故までそばで暮らしていた鈴木昭友さん(85)と妻モトさん(86)、息子の久友さん(63)は今年7月、避難先の郡山市で、食い入るように映像を見つめた。 (略) ◆ 「どうしてここばっかり、つぎからつぎに。空襲も原発も。息つく暇がないね」。空襲の映像を見終わったモトさんはため息をつき、皮肉っぽく笑った。 飛行場の跡地で稼働した第一原発は、2011年3月の原発事故まで関東に電気を送り続けた。原発事故で一家は50キロ以上離れた郡山まで逃げのびた。大熊の自宅周辺にはやがて、除染で出た廃棄物を管理する中間貯蔵施設が建つ。 綿々とつながる国策の源流にあの日の空襲がある。映像は残り、新たな記憶をつむいでいく。 (空襲の動画の一部は朝日新聞デジタル《http://t.asahi.com/i8iq》で8月20日まで公開しています) 全文は「空襲も原発も…どうしてここばっかり」 国策と大熊町

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment

はだしのゲン、アニメ無料視聴8/31まで [日本国内のみ] via Gyao!

はだしのゲンを見る

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment