Skip to content


高浜原発「再稼働差し止め」の波紋 via MBS News

 
[…]
野瀬豊町長は地元経済への影響をこう話しました。

 「動いていた原発があす止まるという話ではないが、町民には心理的なインパクトがある」(野瀬豊町長)

 1974年に営業運転を始めた関西電力の高浜原発。

 大きな産業のない町では、原発は町民の暮らしと切っても切れない関係なのです。

 高浜町で約60年にわたって続く老舗旅館「菊水」。

 経営者の海透麗子さん(71)です。

 「今さっき聞いてびっくりした。どうしようかと思いながら買い物していた」(海透麗子さん)

 1970年に原発の建設工事が始まって以降、原発で働く作業員の宿泊先としてにぎわっていました。

 「原発作業員だけです。うちはそれしか泊めていない。定期検査のときは、1,2,3,4号機と順番にあって作業員が泊まっていました」(海透麗子さん)

 しかし、原発が運転を停止してから宿泊客は激減。

 海透さんは11月の再稼働を期待していましたが、今回の決定で先が見えなくなったと話します。

 「(影響は)めっちゃ大きいと思います。(原発関連の会社に)勤めている人もいるから、店もはやるし、水商売もはやる。どうなるんやろ」(海透麗子さん)
[…]

もっと読み、ビデオを見る。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.