Skip to content


子ども甲状腺しこり福島県外で56.6%「福島の結果は原発事故の影響ではない」と環境省。ならば過半数にしこりって…日本の子どもはどうなる!?via みんな楽しくHappy がいい

これは大変なことになりました。
福島県外の青森県弘前市、甲府市、長崎市の子どもたちにも
過半数に甲状腺にのう胞や結節があることが判明しました。
環境省は鼻息荒く「ほれみろ、どうだ!福島だけが特別じゃないぞ」と言っていますが、
これは、福島県内にとどまらず日本中の子どもに「異常事態が起こっている」という事だと思います。

「福島で起こっている事は原発事故の影響とは考えにくい」というのではなく、
「日本中に原発事故の影響が及んでいる」という方が正しいのではないか?

このニュースを見て私はそう思いました。

(NHK)子どもの甲状腺検査 福島県以外と同じ
その結果、検査した3歳から18歳までの合わせて4365人のうち、
福島の検査で確認された小さなしこりなどが56.6%で見つかり、
福島県とほぼ同じ傾向だったということです。

これについて、環境省は
「福島の結果が原発事故の影響によるものとは考えにくいことが分かった。
この結果が不安の解消につながることを期待したい」と話しています。

全文はこちら

甲状腺がん「被曝の影響、否定できず」参照

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.