大間原発 函館市長法的措置へvia NHK

東日本大震災などの影響で、建設が中断していた青森県の大間原子力発電所について、事業者の電源開発の担当役員らが、1日、函館市を訪れて建設を再開することを伝えました。
これに対し、函館市の工藤寿樹市長は、建設が本格化する前に、法的措置をとって建設を阻止したい考えを明らかにしました。
函館市役所には、1日午後、電源開発の渡部肇史常務ら3人が訪れ、市長らと会談しました。
渡部常務は、大間原発について、「本日、再開することを報告させていただきたい」と述べました。これに対して工藤市長は「これまでの説明は現場の担当者によるもので、ホームページに載っている程度の情報だった。再開を決めてから、責任のある方が来られたことは大変遺憾だ」と答え、電源開発の対応を批判しました。
そのうえで「福島の事故の前の安全神話に基づいて許可を得た大間原発の建設再開は、到底受け入れられない」として、改めて建設の無期限凍結を求めました。
会談のあと、工藤市長は、今後の対応について法的措置をとって、建設を阻止したい考えを明らかにしました。

続きは大間原発 函館市長法的措置へ

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 大間原発 函館市長法的措置へvia NHK

  1. norma field says:

    工藤市長のまともさにむしろびっくりしてしまいます。もちろん、敬意を表したいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.