Skip to content


福島第一放出セシウム137 広島原爆168個分 via 東京新聞

政府が、東京電力福島第一原発の1~3号機事故と、一九四五年の広島への原爆投下で、それぞれ大気中に飛散した放射性物質の核種ごとの試算値をまと め、衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会に提出していたことが分かった。半減期が約三十年と長く、食品や土壌への深刻な汚染を引き起こすセシウム 137の放出量を単純比較すると、福島第一原発からの放出量は広島原爆一六八・五個分に相当する。福島第一原発事故は今年六月の国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に対する日本政府報告書、広島原爆については「原子放射線の影響に関する国連科学委員会二〇〇〇年報告」を基に試算されている。

続きは福島第一放出セシウム137 広島原爆168個分

◇  英文記事:

Fukushima cesium ‘equals 168 Hiroshimas’ via Global post

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. The Atomic Age » Fukushima cesium ‘equals 168 Hiroshimas’ via Global Post linked to this post on 2011/08/25

    [...] ・福島第一放出セシウム137 広島原爆168個分 via 東京新聞 [...]

  2. The Atomic Age » 福島第1のセシウム、2割が陸地に降下 静岡・長野にも via 日本経済新聞 linked to this post on 2011/08/25

    [...] ・福島第一放出セシウム137 広島原爆168個分 via 東京新聞 [...]



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.