Skip to content


銚子沖に巨大風車…原発の代替目指す via Nikkan Sports

海岸や沖合に風力発電機を設置する「洋上風力発電」の巨大風車が、千葉県銚子市の沖合約3キロに完成し、報道関係者に22日公開された。海面からの 高さは約126メートル、風車の直径は約92メートル。出力は約2400キロワットで、沖合に設置された本格的な洋上風力発電では国内最大となる。

東京電力や新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などの実証実験で、風車内部の設備を調整し、来年1月にも発電を始める。政府は原発の代替として再生可能エネルギーの拡大を目指しており、研究成果を民間に提供して洋上風力発電の開発を促す。

今回の発電設備は、深さ約12メートルの海底に土台を設置した「着床式」で、海底ケーブルで陸地に送電する。約300メートル離れて観測タワーが設置されており、約2年間、風向きや風の強さと発電量の関係などを調べる。

洋上風力発電は、陸上より風力が安定しており騒音の心配も少ないため、世界的に開発が進む。国内でも海に囲まれた地理的特性を生かして活用が広がっている。

続きは銚子沖に巨大風車…原発の代替目指す

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.