Skip to content


2012/10/05 自由報道協会主催 市民と科学者の内部被曝問題研究会による記者会見 via IWJ

 2012年10月5日(木)、東京都千代田区の自由報道協会 麹町報道会見場で、「自由報道協会主催 市民と科学者の内部被曝問題研究会による記者会見」が行われた。

■会見者
 矢ヶ﨑克馬氏(市民と科学者の内部被曝問題研究会副理事長、琉球大学名誉教授)
 守田敏也氏(同会常任理事、広報委員長)
 吉田邦博氏(同会会員、南相馬在住、安心・安全プロジェクト)
 小柴信子氏(同会会員) 他
■内容
 内部被曝研独自調査を行ったところ、福島県に設置されたモニタリングポスト(大気中の放射線のうち、
 γ線の量を継続的に測定する装置)が実測値より低い値を示していたことについて

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。

動画はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.