Skip to content


考・原発 私の視点2 医師 原田正純さん via tagosaku (西日本新聞)

「原発推進」の国策が招いた福島第1原発事故と、公害の原点とされる水俣病。産業優先のひずみを地方に押しつけ、自然環境や罪のない人が被害を受けた点で、この二つの類似性を指摘する声がある。

「確かに共通点はある。明らかな人災で、非情に広範な人が影響を受け、地域社会が破壊されたことなどだ。しかし、安易に似ていると見てはいけない。水俣病が公式確認から半世紀を経ても解決しないのは行政や企業の怠慢。放射能汚染の問題は違う。事故が起きた以上、これから百パーセントの対策を講じても、放射線の影響は20年、30年先にお呼び、長期にわたり解決できない。そもそも放射線の影響についての医学的知見はわずか。将来、がんになっても、原発事故の放射線によるものかどうか判定できない。」

(中略)

「公害は社会的、政治的に弱い人たちに集中する。世界の公害の現場を見て思うのは、そういう差別の構造が常にあるということだ。」

(中略)

「全国の国立大が推進派だけを優遇し、反対派を冷遇しているのなら大学として機能していない。」

(中略)

「原発を推進したのは電力会社と国。巨大さと権力の大きさが水俣病の原因企業のチッソとは全然違うということだろう。」

全文は考・原発 私の視点2

◇ 関連記事:

【9/8東京新聞こちら特報部1/2】原発事故 水俣病に学べ 産官学癒着の「人災」 原田正純医師に聞く 表面化に長期間 放射線被害 もっと複雑

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.