Skip to content


新成人 原発どう考える? via Yomiuri online

会場の声  雇用に不可欠/最新技術で安全確保

県内の新成人は8424人と昨年と比べて280人減り、3年連続で過去最小となった。福島第一原発の事故で、原発に依存しない社会のあり方が模索 される中、原発立地県で育った若者は、将来の原発のあり方をどう考えるのか。8日に行われた福井、敦賀、おおい、高浜の4市町の成人式会場で聞いた。(辰 巳隆博、藤戸健志、熱田純一)

■福井市

福井大2年、宇野聡一朗さん(20)は「大きな原発事故は起きないと信じていた。原発のない社会に向けて、国が自然エネルギーに予算をどれだけつ ぎ込むかが課題では」と指摘、福井工大1年、野村圭央さん(20)も「原発ゼロが理想。長い時間をかけて代替エネルギーを確保してほしい」と話した。

「原発が生活にどう影響しているのか実感がない。ゼロになったら、どれだけ社会に影響が出るのか国は示してほしい」と、仁愛大2年の女子学生(19)。

続きは新成人 原発どう考える?

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.