Skip to content


社説:原爆投下と原発事故―核との共存から決別へ via asahi.com

人類は核と共存できるか。

広島に原爆が投下されて66年の夏、私たちは改めてこの重く難しい問いに向き合っている。

被爆体験をもとに核兵器廃絶を世界に訴えながら、核の平和利用を推し進める――。

核を善悪に使い分けて、日本は半世紀の間、原子力発電所の建設に邁進(まいしん)してきた。そして福島第一原発で制御不能の事態に陥り、とてつもない被曝(ひばく)事故を起こしてしまった。

■平和利用への期待

こんな指摘がある。

日本は、広島・長崎で核の恐ろしさを身をもって知った。なのにその経験を風化させ、いつしか核の怖さを過小評価したために再び惨禍を招いたのではないか。

歴史をさかのぼってみる。

かつては被爆者自身も核の平和利用に期待を寄せていた。

続きは 社説:原爆投下と原発事故―核との共存から決別へ

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.