Skip to content


7月18日 クリスバズビー講演 質疑応答書き起こし via earthquake and stuff

Q:とても気をつけていた人の尿検査
・セシウム134、137  0.37Bq/Kg, 0.45Bq/Kg
この値についてどう思うか。

CB:セシウムのレベルは大したことはないが、
その人が同時にストロンチウム90やウランも体内に取り込んでいる可能性がある。
そのデータに関しては非常に興味がある。
(バズビーさん、笑いのセンスがちょっと不謹慎・笑)

(あれ?通訳さん間違えた?
この人避難してたんでしょ?なのに「家の中にいた」って言っちゃったよ?
全然わたしの聞き間違いかもしれません(笑)
「家の中にいても空気に入るから、家を密閉したんじゃないかぎり被爆はする」、
という返事)

Q: 室内一戸建てで0.2-0.5マイクロというレベルですが、気をつけて生活していれば大丈夫か?
乳児や幼児に健康被害にならないのか。

CB: ものすごく大雑把な計算ならできる。
平均して自然放射線より0.5ぐらい高い(外も入れてってこと?)から、
300kBq/m2, つまりトンデルの典型的ケースであり、
癌の発生率が今後11%上昇すると予測できる。

これには実に多くの仮定が含まれている。
だから正確なことはいえないけれど、
今の時点で何も言わないよりは何がわかっているか、大体でも
わかるほうがマシという程度の情報でしかない。

続きは7月18日 クリスバズビー講演 質疑応答書き起こし

◇ クリスバズビー博士講演関連サイト:

7月18日 クリス・バズビー博士講演内容(1/3)

7月18日 松戸市バズビー講演後半(2/3)

7月18日 クリスバズビー講演第三部・科学の欺瞞(3/3)

◇ 当サイト既出関連記事:

放射線リスク:「内部被ばく、最も懸念」英国の専門家訴え via Mainichi jp

Fukushima is Worse than Chernobyl – on Global Contamination via Japan Focus


 


Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.