Skip to content


『20~30キロ圏内は危険?安全? 住民に募る怒り』 via 福島民友ニュース

 福島第1原発の半径20~30キロ圏内の住民などへの避難指示を政府が検討していることが分かった25日、屋内退避というあいまいな状況が続く自治体関係者や住民は「明確な説明がない」「圏内が安全か危険か分からない」と、政府の方針がテレビ画面を通してしか現地に届かない現状に募った怒りをぶちまけた。同じ地域で圏内と圏外に分かれる人も。ある住民は「あいまいな説明は混乱を招くだけだ」と語気を強めた。
 人口約7万人のうち約1万8000人が地元に残った南相馬市。桜井勝延市長は「そもそも圏内は国が定めた。住民が避難する場合は国が責任を持つべきだ」と不満をあらわにした。50代の自営業男性は「発言は不明確そのもの。圏内が危険なのか、安全なのか分からない」と話した。

続きは『20~30キロ圏内は危険?安全? 住民に募る怒り』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.