Daily Archives: 2011/03/28

『発信箱:すべて想定されていた=福岡賢正(西部報道部)』 via 毎日jp

 原発事故の報道に強烈な居心地の悪さを感じている。その理由を突き詰めていくと、メディアが安易に使う「想定を超えた」という言葉のせいだと思い至る。眼前で今起きている事態は本当に想定外だったのか。 続きは『発信箱:すべて想定されていた=福岡賢正(西部報道部)』から。

Posted in *日本語 | Tagged | 8 Comments

『東北地方太平洋沖地震により被害を受けた派遣労働者への配慮について要請しました|報道発表資料』 on 厚生労働省

~厚生労働大臣から、人材派遣関係団体や主要経済団体に対し、派遣労働者の雇用の安定や保護を図っていただくよう要請~  平成23年東北地方太平洋沖地震により被害を受けた派遣労働者に対し、派遣元事業主及び派遣先が、派遣労働者の雇用の安定と保護を図るために最大限の配慮をしていただけるよう、 今般、細川律夫厚生労働大臣名で、人材派遣関係団体や主要経済団体に対して、要請を行いました。  具体的には、人材派遣関係団体など派遣元事業主の団体に対して、   (1) 労働者派遣契約の解除等があった場合でも、派遣労働者の新たな就業機会の確保に努めていただくこと   (2) やむを得ず休業する場合にあっても、雇用調整助成金を活用するなど、休業についての手当ての支払いに努めていただくこと  を要請しました(別添1参照)。  また、主要経済団体など派遣先の団体に対して、   (1) 現在締結されている労働者派遣契約をできる限り継続していただくこと   (2) やむを得ず労働者派遣契約を継続しない場合には、休業等による派遣元事業主の損害の適切な賠償や関連会社への就職のあっせ   ん等派遣労働者の新たな雇用機会の確保に努めていただくことを要請しました(別添2参照)。  (要請団体については、別添3参照) 発表全文等は『東北地方太平洋沖地震により被害を受けた派遣労働者への配慮について要請しました|報道発表資料』から。

Posted in *日本語 | Tagged , | 7 Comments

『東海原発 備えは』 via YOMIURI ONLINE

非常用発電機停止…「想定外」関係者困惑  東日本巨大地震による福島第一原子力発電所の事故は、原子力関連施設が集積する本県にも衝撃を与えた。日本原子力発電東海第二発電所(東海村)が津波被害を受け、非常用発電機1台が停止したほか、原子力災害時の防災拠点施設「県原子力オフサイトセンター」(ひたちなか市)が地震の揺れで停電し、一時使えなくなった。大地震と原子力災害の両方にどこまで備えるべきか、関係者は頭を悩ませている。(沼尻知子) 続きは『東海原発 備えは』から。

Posted in *日本語 | Tagged , | 10 Comments

『プルトニウム検出「燃料棒溶融裏付けている」枝野長官』 via asahi.com

 枝野幸男官房長官は29日午前の記者会見で、福島第一原子力発電所の敷地内で採取した土壌からプルトニウムが検出されたことについて、高濃度の汚染水と合わせて「燃料棒が一定程度溶融したことを裏付けている」と述べ、原子炉の核燃料が損傷して漏れ出しているとの認識を示した。 続きは『プルトニウム検出「燃料棒溶融裏付けている」枝野長官』から。

Posted in *日本語 | Tagged | 7 Comments

『被災地外でも「派遣切り」や解雇 震災と停電で急増』 via asahi.com

 東日本大震災の被害や東京電力の計画停電で、無給の休業を通告されたり、契約更新を拒否されたりする労働者が、被災地以外でも急増している。労働組合やNPOへの相談件数は2008年秋のリーマン・ショック後を上回る勢いで、当時広がった「派遣切り」や解雇の嵐が、再び吹きかねない状況だ。  「まさかこの地震で自分が仕事を失うとは、思いもよりませんでした」。島根県の自動車部品工場で派遣社員として働いていた30代男性は、ため息をついた。東北地方からの部品供給が止まったため、大手自動車メーカーが操業できなくなり、自身が働く下請け工場も生産を止めた。 続きは『被災地外でも「派遣切り」や解雇 震災と停電で急増』から。

Posted in *日本語 | Tagged , | 8 Comments

『福島で保健師が足りない…他県、原発恐れ派遣ためらう』

 福島県が保健師不足にあえいでいる。他県の自治体から派遣されているのは、宮城県の233人、岩手県の121人に対し、福島県は8人だけ。原発事故の影響が測りきれず、自治体側が派遣をためらうためだ。厚生労働省は福島県への派遣人数を増やすことを決め、29日、同省技官の保健師4人を送り込んだ。 続きは『福島で保健師が足りない…他県、原発恐れ派遣ためらう』から。

Posted in *日本語 | Tagged | 8 Comments

『危機続く福島第一原発 「GEスリー」元設計者が米メディアで告白 「原子炉構造に欠陥あり」』 via @niftyニュース

福島第一原子力発電所の原子炉には重大な欠陥があった──爆発事故を起こした原子炉の設計にかかわった日米の元技術者がそろって証言を始めた。経済性を優先するあまりに小型に造ったため、冷却システムなどに余裕がなく、地震や大規模停電になると爆発しやすいという。今回の地震では、まさにその心配が現実になった可能性が高い。 続きは『危機続く福島第一原発 「GEスリー」元設計者が米メディアで告白 「原子炉構造に欠陥あり」』から。

Posted in *日本語 | Tagged , | 8 Comments

『スリーマイル事故の14万倍 福島事故の放射性物質』 via 47ニュース

 東京電力福島第1原発の事故で放出された放射性物質の量は、1979年に発生した米国のスリーマイルアイランド(TMI)原発事故で放出された量の14万~19万倍に上るとの試算を米国の市民団体、エネルギー環境調査研究所(IEER)のグループが29日までにまとめた。  IEERのアージャン・マキジャニ所長は「事故の深刻度の国際評価尺度で、TMI事故と同じレベル5だとする日本の公式見解は、幻想としか思えず、多くの誤解を招くものだ」と批判。評価尺度はより深刻なレベル6に当たると指摘した。 続きは『スリーマイル事故の14万倍 福島事故の放射性物質』 via 47ニュースから。

Posted in *日本語 | Tagged , | 9 Comments

“Japan Quake Shakes TV: The Media Response to Catastrophe” on JapanFocus

“Ladies and gentlemen, your attention please. We have just experienced an earthquake. Please move away from the buildings to an open area…We will provide more detailed information as soon as possible…” The polite but authoritative “we” was the voice of … Continue reading

Posted in *English | Tagged | 9 Comments

“How Japan Learned About “Nuclear Safety”: The Politics of Denial” on JapanFocus

Although people can be educated in a variety of ways, experience is a particularly effective teacher. Consider the Japanese, who today are certainly learning how dangerous nuclear power can be. Of course, the Japanese people also have had a disastrous … Continue reading

Posted in *English | Tagged , | 13 Comments