Skip to content


『山岸凉子、原発の是非を世に問う「パエトーン」無料公開』 via コミックナタリー

山岸凉子「パエトーン」が、本日3月25日より潮出版の公式サイトで無料公開されている。

「パエトーン」は、神になり代れると思い上がった若者・パエトーンをめぐるギリシャ神話になぞらえて、原子力発電の是非を世に問いかけた短編。1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故の発生を受け執筆され、ASUKA1988年5月号(角川書店)に掲載された。

潮出版は公式サイトで、「『原子力発電』の必要性や安全性については賛否様々なご意見があると思いますが、本作品をひとつの問題提起と捉え、将来的なエネルギー問題を議論してゆく上での一助としていただければ幸いです」とコメントしている。

『山岸凉子、原発の是非を世に問う「パエトーン」無料公開』
【特別公開】山岸凉子「パエトーン」

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.