Skip to content


放射能汚染地域を研究 福島の復興に活かす via 日テレ24

放射能汚染がありながらも発展を遂げたアメリカの地域を研究し、福島の復興に活かそうと、東日本国際大学といわき市、双葉郡8町村が協定を結んだ。

この協定は、核施設の放射能に汚染されたアメリカのハンフォード地域が発展を遂げるまでの取り組みを研究し、原発事故後の福島のまちづくりに役立てようと結ばれたもの。

(略)

夏ごろには大学と自治体関係者で現地を視察し、ハンフォードの取り組みを福島で活かすことができるか検証していくと言う。

またハンフォードからも関係者を招き、除染作業の過程や現在の状況などについて学ぶ国際シンポジウムも行われた。

全文は放射能汚染地域を研究 福島の復興に活かす

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. nfield says

     深刻なトラブルが尽きないハンフォードの周辺地域が「発展んを遂げた」とは目玉が飛び出るほどの驚き。誰がこれらの首長をここまで騙しているのだろうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.