Skip to content


原発を詠む(53)――朝日歌壇・俳壇から(2018年10月21日~12月9日) via かわたれどきの頁繰り

朝日新聞への投稿短歌・俳句で「原発」、「原爆」に関連して詠まれたものを抜き書きした。

 

八月に防護服着て作業する彼らの汗を知らないは罪
(横浜市)森敦子  (10/21 馬場あき子選)

一年に満たぬ短き休暇後に昏(くら)く静かに原子炉は燃ゆ
(高松市)島田章平  (10/21 佐佐木幸綱選)

九つの核保有国言えぬくせ反対かよと子は吾を見ず
(高松市)一宮佳  (10/28 佐佐木幸綱選)

汚染水八十九万トンのタンク群上空には五年目の秋雲
(福島市)美原凍子  (10/28 高野公彦選)

ふくしまの牛には競りのランプ減り牛も牛牽(ひ)く男も俯(うつむ)く
(福島市)青木崇郎  (11/4 馬場あき子選)

被爆後の瓦礫(がれき)のなかを姉捜し彷徨(さまよ)いたる児が九十となる
(西海市)原田覚  (11/11 永田和宏選)

原発事故風化の中に帰る所無きまま彷徨(さまよ)う八年目の苦闘
(いわき市)守岡和之  (11/18 佐佐木幸綱選)

本当にやる気あるのか核禁止出来ない理由ばかり並べる
(筑紫野市)二宮正博  (11/25 佐佐木幸綱選)

福島はフクシマを抱き酒倉に新酒の満ちて「郷酒(さとざけ)」と言ふ
(浜松市)石原新一郎  (12/2 馬場あき子選)

雑踏にうづくまる人原爆日
(川口市)青柳悠  (10/21 高山れおな選)

「被爆樹二世」てふ札の柿熟るる
(東京都)望月喜久代  (10/28 高山れおな選)

汚染土の墳墓の如く山眠る
(福島県伊達市)佐藤茂  (11/25 大串章選)

被爆地の鮮やかに散るもみぢかな
(長崎市)田中正和  (11/25 大串章選)

放射能まだ手付かずの山眠る
(福島県伊達市)佐藤茂  (12/2 長谷川櫂選)

誰一人責任とらず冬原発
(飯塚市)釋蜩硯  (12/9 長谷川櫂選)

 

 

ブログサイト

 

 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.