Daily Archives: 2018/05/18

More U.S. jobs in solar than coal and nuclear combined via pv magazine

A new report from a think tank headed by former Energy Secretary Moniz reveals an additional 100,000 jobs with a part-time solar component, and hints at the political powerhouse that solar is becoming. In the 1990s, the phrase, “it’s the … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | 2 Comments

Poisoning fears as Japan plans to use radioactive Fukushima soil to build roads via Citizens for Legitimate Government

Poisoning fears as Japan plans to use RADIOACTIVE Fukushima soil to build roads | 29 April 2018 | There are fears people could be poisoned amid plans to use radioactive soil from Fukushima to build roads. The country’s Environment Ministry wants to … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 1 Comment

トリチウム処理水で公聴会 今夏開催 via 毎日新聞

経済産業省は18日、東京電力福島第1原発の汚染水を浄化処理した後に残る放射性トリチウム(三重水素)を含む処理水の処分について、国民に意見を聞く公聴会を今夏、福島県や東京都で開くことを明らかにした。    同省は公聴会で、海への放出や地下への埋設など検討中の五つの処分方法を説明し、実施時期などについて意見を聞く。参加者は公募し、希望者が多い場合は抽選などで選ぶ。抽選に漏れるなど来場できない人向けに書面での意見募集も行う。開催日時や場所など詳細は7月ごろに公表するという。 原発からの汚染水は、大部分の放射性物質は浄化装置で除去しているが、トリチウムは取り除けない。このため、政府・東電は敷地内のタンクにため続けており、その貯蔵量は87万6000トンにもなる。  トリチウムは自然界でも発生し、国内外の原子力施設では希釈して海に放出している。原子力規制委員会は「安全上問題なく、福島第1原発の処理水も海洋放出すべきだ」との見解だが、地元の漁業関係者は風評被害を懸念して反対している。 […]     全文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments

伊方原発10月1日以降も停止を 広島、住民が新たな仮処分申請 via 福井新聞

火山の噴火の影響を根拠に、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を9月30日まで差し止めた広島高裁の仮処分決定を巡り、広島市と松山市の住民計4人が18日、運転停止期間の延長を求め、広島地裁に新たな仮処分を申し立てた。 広島高裁決定は、広島地裁で争われている差し止め訴訟で本格的な審理を経た結果、異なる判断が出る可能性を考慮して期限を設けた。住民側は申立書で「地裁の訴訟は判決が出るめどが立たない。期限を9月末とすることに理由がない」と主張、10月1日以降も運転を差し止めるよう求めた。   原文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 1 Comment

新潟県の検証技術委、柏崎原発の安全対策に疑問の声 via 日本経済新聞

新潟県は18日、東京電力福島第1原子力発電所事故の原因を検証する技術委員会を開いた。東電柏崎刈羽6、7号機について2017年12月に再稼働の前提となる安全審査で合格を決めた原子力規制委員会から審査結果を聴取。委員からは想定する最大級の地震や津波の算定方法など安全対策の妥当性について、疑問やより詳細な説明を求める声が相次いだ。   規制委からは事務局の5人が出席。自然災害の想定や重大事故時への対策など主な審査概要を約1時間半かけて説明した。その後に県技術委から自然災害の想定の妥当性や、東電に原発を運転する「適格性」があるとした審査結果の根拠などの説明を求めた。 追加の疑問点は後日取りまとめた上で、規制委に回答を求める。委員からは規制委に対し、県技術委に定期的に出席するよう求める意見も出た […]     全文

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 1 Comment

地域見守り活動で協定 福島県と三井住友海上火災保険 via 福島民友

  福島県と三井住友海上火災保険福島支店は17日までに、地域の見守り活動に関する協定を締結した。 同支店の職員が高齢者世帯などを訪問する際に異常を確認した場合、迅速に関係機関に連絡する。 協定内容はこのほか、訪問した際に玄関に施錠がなく、郵便受けに新聞や郵便物などがたまっていた場合、必要な連絡を行う。緊急を要するときは救急車の手配や警察への通報も行う。 […]     全文

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 3 Comments

大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業 公募のお知らせ via 文部科学省

この度、全国の大学等が有する福島復興に資する「知」(復興知)を、浜通り市町村等に誘導・集積するため、組織的に教育研究活動を行う大学等を支援する事業を実施することとなりました。公募概要は以下のとおりです。 事業名】   大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業 【補助額】   2,000万円以下/件 【対象機関】  大学、短期大学、高等専門学校 【公募期間】  平成30年5月21日(月曜日)~6月7日(木曜日) 【対象事業】  「福島イノベーション・コースト構想」に掲げる廃炉等、ロボット、エネルギー、農林水産、環境・リサイクル等に関する内容の事業が対象となります。以下の1~3いずれかに該当することが必要です。   1  浜通り市町村等の現地をフィールドとし、浜通り市町村等と連携しながら実施する学生の教育プログラム。   2  浜通り市町村等と連携しながら現地で実施する、産業振興や人材育成に向けた取組。    3  原子力災害からの復興へ向けて、浜通り市町村等と連携しながら現地で実施される環境回復、健康管理、リスクコミュニケーション、地域コミュニティの再生などの取組。 […]         全文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 1 Comment

Electromagnetic radiation from power lines and phone masts poses ‘credible’ threat to wildlife, report finds via The Telegraph

Sarah Knapton, science editor Electromagnetic radiation from power lines, wi-fi, phone masts and broadcast transmitters poses a ‘credible’ threat to wildlife, a new report suggests, as environmentalists warned the 5G roll out could cause greater harm. An analysis of 97 … Continue reading

Posted in *English | Tagged , | 1 Comment

Oak Ridge heavy element production site receives historic designation via Knox News

Oak Ridge National Laboratory’s Radiochemical Engineering Development Center (REDC), which produces heavy elements and isotopes, was recognized as a historic nuclear landmark Wednesday in an American Nuclear Society ceremony recognizing more than 50 years of isotope production and nuclear fuel cycle … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , | 12 Comments

北電、泊原発に廃棄物処理施設設置申請へ 規制庁は難色 via 日本経済新聞

 北海道電力は泊原子力発電所(北海道泊村)での低レベル放射性廃棄物の圧縮処理施設の設置を申請するため、原子力規制庁に関連資料を提出した。原発の保守点検作業時に出る金属や樹脂などの廃棄物の保管場所が6年ほどで満杯になる見通しのため。新施設は2019年9月の着工、23年4月の完成を目指す。ただ、規制庁は申請に難色を示している。 (略) 申請が通れば、原子力規制委員会が設置審査を行う。一方、規制委の行政窓口である規制庁は原発再稼働の安全審査と処理施設の設置審査について「相互の申請内容に安全上の関連性がある」ため、まず再稼働審査を優先すべきだとの見解を示している。 新施設は固体廃棄物を圧縮減容し、ドラム缶に詰めてモルタルで固める。その後は青森県六ケ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに搬出する。 全文は北電、泊原発に廃棄物処理施設設置申請へ 規制庁は難色 

Posted in *日本語 | Tagged , | 3 Comments