Skip to content


福島第1原発 大熊町で準備宿泊を開始 立地自治体で初 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町の一部地域で24日、住民が帰還に向けて自宅などに泊まれる「準備宿泊」が始まった。第1原発が立地する大熊、双葉両町では初めて。町などが来春を目指している対象地域の避難指示解除まで続ける。

 対象は居住制限区域(年間積算放射線量20ミリシーベルト超50ミリシーベルト以下)の大川原地区と避難指示解除準備区域(同20ミリシーベルト以下)の中屋敷地区の計139世帯379人(1日現在)。全町民の約4%にあたる。

大川原地区の町連絡事務所では、事前に準備宿泊の登録をした住民が訪れ、線量計などを受け取った。

(略)

 町によると、事前に準備宿泊を届けたのは24日現在、両地区の計8世帯14人にとどまっている。【湯浅聖一】

全文は福島第1原発 大熊町で準備宿泊を開始 立地自治体で初

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.