Skip to content


スタジアム7月再開へ 福島のJヴィレッジ via 日本経済新聞

 東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の運営会社は20日までに、施設の中心となるメインスタジアム(5千人収容)を7月28日に再開すると明らかにした。復旧作業が順調に進み、当初予定していた2019年4月から前倒しした。

7月にはピッチ6面や宿泊施設が再開することは既に決まっており、メインスタジアムも追いついた形となる。19年4月には屋内練習場などが利用可能になり、全面再開となる。

Jヴィレッジは1997年、東電が整備して福島県に寄贈。国内初のサッカーのナショナルトレーニングセンターとして使われた。

(略)

17年4月からは芝の張り替えなど再開に向けた工事が進んでいる。〔共同〕

全文はスタジアム7月再開へ 福島のJヴィレッジ

関連記事:日本代表は秩父宮、福島はJヴィレッジ via 佐賀新聞

ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地で、日本代表が練習会場とする1カ所は東京・秩父宮ラグビー場、アルゼンチン代表が使う福島県はサッカー施設「Jヴィレッジ」(抜粋)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.