Skip to content


スマート農業 着々浸透 福島復興の鍵 via 日本農業新聞

(略)

福島県の主産品である米。県挙げて進めるのが、水稲を100ヘクタール規模で栽培する“メガファーム”の育成だ。原発事故を受けて離農が加速し、農地を維持するために担い手は震災前の1・6倍の水田を維持する必要がある。震災から7年がたつ今なお県産米への「風評被害」は残り、事故前と比べて全国平均価格と差が開いている。課題解消には、コスト低減と収量増を実現する大規模経営の育成が欠かせない。

南相馬市で水稲を栽培する高ライスセンターは、震災による作付け中止を経て2015年に営農を再開。周囲の農家が減り、管理する水田が増えて生産性低下に直面した。そこで、ICTによる圃場(ほじょう)管理システムを導入した。

(略)

同町で花の栽培に取り組むNPO法人Jinの川村博代表は「これからは、若者が面白いと思うような農業でないと。ICTを使って土・日曜日を休む農業など、夢が広がる」と声を弾ませた。県は「今だ原発災害の閉塞(へいそく)感は残るが、再興を願う農家の情熱や思いを感じる」(農林企画課)と手応えをつかんでいる。

今やICTの最前線

(略)

こうした中、国は浜通り地域を中心とする15市町村を“イノベーション・コースト”と位置付け、ロボット分野など先端技術の研究拠点をつくり、経済復興を進めている。18年度予算案では前年度の3割増の135億円を計上。農業分野では、離農が進んで担い手が確保できない地域にICTを導入し、超省力と低コストを実現するスマート農業を推進する。

同構想で県が進める農業復興は(1)自動運転トラクターや除草ロボットなどを取り入れた農業の研究開発(2)先端技術を活用した施設栽培や超省力の水稲大規模経営の実現──を両輪に据える。

県は「原発被災地だからこそ、先進的な農業を先駆けて実践して復興と再生を図る」と旗を振る。現場では、農作業の労力を軽減するアシストスーツ(イノフィス社)や自動運転の除草ロボット(農研機構)など、大学や民間企業による“省力農機”の実証が進む。(福井達之)

全文はスマート農業 着々浸透 福島復興の鍵

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. adobe premiere pro crack says

    winrar crack is a 64-bit version of the RAR Archiver for Windows. You can save your data and reduce e-mail links, extract RAR, ZIP, and other files downloaded from the internet, and then create new files for RAR and ZIP files. Important features of WinRAR 64 Bit Crack include solid and flexible image retention, file distribution, damage storage, full ZIP and other non-RAR memory, virus scan files, self-publishing libraries (SFX ), scan, NTFS, and Unicode support.

  2. adobe illustrator crack says

    adobe premiere pro crack is the most powerful, impressive, functional, and reliable video editing program. Over the years, Adobe has released several products that have become standard in some areas. Premiere Pro is part of Creative Cloud applications, and you can start using the program with a monthly subscription. There is also a free trial period for testing the interface, features, and functions.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.