Skip to content


原発避難といじめ「無関係と言えず」 新潟の第三者委 via 産経ニュース

東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から避難した新潟県の下越地域の中学2年の女子生徒が、1年生のときに名前に「菌」を付けて呼ばれるいじめを受けた問題を昨年2月から調べていた第三者委員会は29日、いじめと避難が「無関係とはいえない」とする調査結果をまとめた。

調査によると、女子生徒が「菌」を付けて名前を呼ばれたのは平成28年6月ごろからで、学校が把握する同年12月まで続いた。生徒は平成24年9月に転入した県内の小学校でも同級生から嫌がらせなどを受けた。

第三者委は、いじめと避難者であることの関連性について「生徒が小学校に受けたいじめの内容に照らせば、無関係とはいえない」と指摘し、原発事故が影響したとの見方をにじませ、再発防止を強く求めた。

続きは原発避難といじめ「無関係と言えず」 新潟の第三者委

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.