核燃料臨界一時監視できず 東電福島第1原発2号 via 産経ニュース

東京電力は20日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器ガス管理設備で、ガスを排出する2系統が止まり、格納容器内の溶融核燃料が臨界しているかどうか監視できないトラブルが起きたと発表した。原発周囲の放射線監視装置(モニタリングポスト)の値に変化がないため臨界状態ではないとしており、原因を調べる。

[…]

格納容器内の燃料が臨界していないかは、排出されるガスを検知することで監視しているが、2系統とも停止し、検知もできなくなった。

[…]

全文

This entry was posted in *English and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.