Skip to content


老朽原発「合格」 既成事実化は許されぬ via 北海道新聞

老朽原発の再稼働に、またも道を開くのか。

 原子力規制委員会は、運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発3号機(福井県)について、審査の合格証となる「審査書」を正式決定した。

 関電高浜原発1、2号機(福井県)に続き、原発の運転期間を40年と定めたルールの「例外」を認めたことになる。

 40年ルールは、東京電力福島第1原発事故を受けて導入された過酷事故の再発防止策の柱である。

 それなのにこれでは、「例外」が例外でなくなってしまう。規制委の姿勢は疑問だ。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.