Skip to content


知事と議会、論戦かみ合わず 観光整備、原発問題… 鹿児島県 [鹿児島県] via 西日本新聞

 鹿児島県議会の定例会は代表質問や一般質問など主な日程を終えた。三反園訓(みたぞのさとし)知事は公約実現と県政刷新に意欲を示したが、その方向性について具体化を求める県議会との論戦はかみ合わず、追加提案を予定している女性副知事の人事案は県議会との間の新たな火種となりつつある。両者のやりとりを振り返る。
[…]
対立が際立つ原発問題。川内原発やそれに代わる再生可能エネルギーの導入を巡り、知事は「できるだけ早く原発に頼らない社会となるよう取り組みたい」と答弁。「現時点では原発稼働の必要性を認めると理解していいか」と問い詰める自民県議に対し、「鹿児島は非常に(再生可能エネルギーに)恵まれている。それを徐々に進めることで原発に頼らない県をつくる」と繰り返した。

[…]

もっと読む

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.