Skip to content


放射能処理「福島だけの問題か」地元経営者が講演 via 佐賀新聞

 福島県二本松市でスーパーを経営する服部浩幸さん(47)が10日、佐賀市の佐賀商工ビルで福島第1原発事故による生活への影響を報告した。地域と都市の「復興格差」を懸念し、「放射能はすべて福島で処理すべき問題と思われていないか」と問題提起した。

服部さんは、「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟原告団のメンバー。東京電力と国を相手取り、事故による汚染のない状態に戻すことと、それまで毎月の慰謝料を払うよう求めている。

(略)

「東京では五輪に向けて大きな競技場ができている。福島の地方は、無人になった集落に『除染作業中』ののぼりが立っている」と「復興格差」を懸念した。

講演会は、「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団が主催、約30人が聴講した。

全文は放射能処理「福島だけの問題か」地元経営者が講演

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.