Skip to content


東電の歴代経営陣に賠償求める裁判 賠償額を9兆円余りに via NHK News Web

東京電力・福島第一原発の事故をめぐり、株主の一部が歴代の経営陣に会社への賠償を求めた裁判で、株主側が会社の損害が増え続けているとして、賠償を求める額を5兆円から9兆円余りに増やす申し立てを行ったことがわかりました。

原発事故をめぐっては、4年前、東京電力の株主の一部が、「安全対策を怠ったために事故が発生した」として、歴代の経営陣ら27人に対して、5兆5045億円を会社に賠償するよう求める訴えを起こしました。
東京電力はその後、被災者への賠償や除染にかかる費用が7兆円を超えるという見込みを明らかにしているほか、ことし3月期の決算で廃炉の費用などとして1兆3800億円余りを計上しています。
このため株主側が、損害が増え続けているとして賠償を求める額を9兆482億円余りに増やす申し立てを東京地方裁判所に行ったことが弁護団への取材でわかりました。

続きは東電の歴代経営陣に賠償求める裁判 賠償額を9兆円余りに

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.