柏崎刈羽原発で蓄電池から希硫酸が噴出 via TBS News

 新潟県の柏崎刈羽原発で21日午後、電気設備の蓄電池から希硫酸が吹き出し、消防隊が出動する騒ぎとなりました。放射性物質の漏えいはないということです。

トラブルがあったのは、6号機、7号機の脇にある廃棄物処理建屋の地下1階で、21日午後1時50分ごろ、電気設備から煙が出ているとの通報があり、所員が消火活動にあたりました。

東京電力によりますと、実際には煙ではなく、蓄電池の中に含まれる希硫酸が霧状に噴出したということです。このトラブルで、所員6人がのどに違和感を訴えましたが、業務に復帰したということです。また、放射性物質の漏えいはないということです。

続きは柏崎刈羽原発で蓄電池から希硫酸が噴出

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.