Skip to content


G7外相 原爆慰霊へ…広島平和公園を訪問 11日 via 毎日新聞

 広島市で開かれる主要7カ国(G7)外相会合に合わせて、G7外相が11日にそろって平和記念公園を訪れることが決まった。原爆資料館を視察し、原爆慰 霊碑に献花する。核兵器を保有する米国、イギリス、フランスの現職外相が同公園を訪問するのは初めて。政府は、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット) に出席するオバマ米大統領の被爆地訪問につなげたい考えだ。

 岸田文雄外相が2日、同市内で記者団に明らかにした。岸田氏は「世界の指導者に被爆地を訪問してもらい、被爆の実相に触れてもらうことは、核兵器のない世界を目指す国際的な機運を盛り上げるために非常に重要だ」と述べた。

 政府は昨年、同市での外相会合開催が決まったのを受け、G7外相の同公園訪問に向けた交渉を開始。各国の合意が得られたため発表した。「外相が被爆者の 証言を聞く機会はあるか」という記者団の質問に対しては、岸田氏は「各国の合意を得られたのは二つ(原爆資料館と原爆慰霊碑献花)だけだ」と説明した。

続きはG7外相 原爆慰霊へ…広島平和公園を訪問 11日

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.