Skip to content


原発作業員のがん死亡リスク増加 低線量被ばくでも via 西日本新聞

欧米の原子力施設で働く30万人以上を対象にした疫学調査で、100ミリシーベルト以下の低線量被ばくでも線量に応じてがんによる死亡リスクが増えたとする分析結果を、国際チームが21日までに英医学誌BMJに発表した。

国連科学委員会などは被ばく線量が(略)100ミリシーベルト以下では明確なリスク上昇を確認できないとの見解を示している。

チームは100ミリシーベルト以下でも白血病のリスクが上昇するという調査結果を既に発表しているが、今回新たに肺や胃、肝臓など白血病以外のがん全体でリスクの上昇を確認したという。

全文は原発作業員のがん死亡リスク増加 低線量被ばくでも

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    「100ミリシーベルト以下でも」と記事にあるが、1972年に発表されたカナダの医師の研究がひろく意識される必要があるのではないか。
    「ペトカウ効果 」(英語: Petkau effect)とは、「液体の中に置かれた細胞は、高線量放射線による頻回の反復照射よりも、低線量放射線を長時間、照射することによって容易に細胞膜を破壊することができる」という現象である。」



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.