(プロメテウスの罠)百姓飛行士:3 シイタケ、育てた夢via 朝日新聞

1996年に福島県滝根町(現・田村市滝根町)へ移住してから数年後、元TBS記者の秋山豊寛(73)は、米国製の簡易型放射線測定器を通信販売で買った。

 「福島県には70年代の古い原発があるからなあ」

 使う日が来るかはわからなかったが、家の机の引き出しにしまっておいた。
[…]
「これでは有機無農薬の農業は無理だ。滝根を出ようか」

 その一方、同じ考えを持つ農家仲間が20人ほど集まり、酒を酌み交わすうち、話は思わぬほうへと盛り上がっていった。

 「俺らで勉強会すっぺ」

 「んだ。農業の大学だな」

 名前は「あぶくま農業者大学校」、通称「あぶ大」。秋山が教頭に決まった。

もっと読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.