Skip to content


除染被ばく、最大13.9ミリ=福島原発事故後、初公表-放影協 via 時事ドットコム

東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県内の周辺11市町村で実施している国直轄の除染事業で、作業員の被ばく量を管理している公益財団法人「放射線影響 協会」(放影協)は15日、2011~13年に従事した2万6382人の累積被ばく量は平均0.6ミリシーベルトで、最大で13.9ミリシーベルトだった と発表した。除染作業員の被ばく量が公表されるのは初めて。

厚生労働省のガイドラインでは、除染作業員の被ばく限度は年50ミリシーベルト、5年で100ミリシーベルトと定められている。

続きは除染被ばく、最大13.9ミリ=福島原発事故後、初公表-放影協

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.