Skip to content


訃報:ギュンター・グラスさん87歳=独作家 via 毎日新聞

 ドイツメディアによると、長編小説「ブリキの太鼓」で知られるドイツのノーベル賞作家、ギュンター・グラスさんが13日、独北部リューベックで感染症のため死去した。87歳だった。

現ポーランド北部グダニスク(旧ダンチヒ)生まれ。1956年に詩人としてデビューし、59年に出版した「ブリキの太鼓」で、成長が3歳で止まっ た少年から見たナチス社会のゆがみを描き、世界的な名声を得た。「ブリキの太鼓」は映画化され、80年の米アカデミー賞外国語映画賞に輝いた。99年に ノーベル文学賞を受賞。主な作品に「猫と鼠(ねずみ)」、「犬の年」などがある。

戦後左派言論人の代表格として知られ、社会民主党を支持。同党主導のブラント政権(69〜74年)がソ連、東欧との和解を進めた東方外交を支援し た。ナチスの罪を批判、反原発運動を進め、移民の受け入れを主張するなど左派のシンボルだったが、2006年に自伝的小説「タマネギをむきながら」で、 17歳の時にナチス親衛隊の軍事組織(武装SS)に所属したことを告白し、厳しい批判にさらされた。

続きは訃報:ギュンター・グラスさん87歳=独作家

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.