Daily Archives: 2014/10/03

Radiation Leak Linked to Los Alamos; Do We Really Want Biological Agents There? via Indian Country

The cause of the radiation leak at Waste Isolation Pilot Plant (WIPP) in Carlsbad, New Mexico, is still unresolved, but we know that it started with Los Alamos National Laboratories (LANL) and ended at the WIPP, shutting that facility down … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , , , | 23 Comments

Switzerland is lobbying to introduce stricter safety provisions for nuclear power plants throughout the world via ENSI

At the beginning of February 2015, the international community will discuss a Swiss amendment proposal to improve the Convention on Nuclear Safety (CNS): its aim is to enhance the safety of nuclear power plants throughout the world. The Federal Nuclear … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | Leave a comment

東電、柏崎刈羽原発「活断層でない」 規制委に説明 via 日本経済新聞

 原子力規制委員会は3日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた安全審査の会合を開いた。東電は同原発の敷地内を走 る断層に関する追加調査の結果の一部を規制委に報告し「活断層ではない」と改めて説明した。規制委は10月中にも現地調査し、東電の評価結果が妥当かどう か確認する方針だ。 同原発の敷地内には23本の断層があり、一部は6、7号機などの真下を通る。断層が動いて地盤のズレを引き起こせば原 発が大きく損傷する恐れがある。東電は「20万年前以降は動いておらず活動性はない」と主張してきたが、規制委がデータ不足を指摘した。東電は今年2月、 敷地の内外で縦穴を掘るなどの追加調査に着手していた。 東電は今後、残りの断層の調査結果についてもまとまり次第、規制委に報告する。 続きは東電、柏崎刈羽原発「活断層でない」 規制委に説明

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | Leave a comment

Bolivian President Announces US$2 Billion Nuclear Energy Investment via Telesur

Evo Morales seeks to expand the country’s nuclear energy program. Bolivian President Evo Morales announced Thursday that his government will invest around US$2 billion through 2025 to develop nuclear energy for peaceful purposes. The investment is part of a broad … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

ボリビア、原発建設に2180億円投入へ via AFP

【10月3日 AFP】南米ボリビアのエボ・モラレス(Evo Morales)大統領は2日、20億ドル(約2180億円)を投じて最大都市ラパス(La Paz)周辺に原子力発電所を建設する方針を発表した。 (略) モラレス大統領は、新たに建設される原発は、ボリビアがエネルギー面で自立できるようになるための最良の手段だと述べた上で、同国の核開発計画は「平和目的」だと強調した。 全文はボリビア、原発建設に2180億円投入へ

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , | 33 Comments

がれき撤去中断続く 第一原発3号機核燃料プール 落下物の回収困難 via 福島民報

東京電力福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールに落下した燃料交換機を回収する見通しが立たず、プール内からのがれき撤去作業が1カ月以上、中断して いる。放射線量が極めて高いことから人が近づけず、現場の状況把握が難航しているためだ。平成27年度に開始予定のプール内からの燃料取り出しや、廃炉工 程全体への影響が懸念される。 3号機使用済み燃料プール周辺の空間線量は毎時3・2ミリシーベルトと極めて高く、作業員が直接立ち入りできない。 東電は遠隔カメラでプール内の状況把握に努めているが、燃料の上には3号機が水素爆発した際に飛散したコンクリートなどのがれきが積み重なっており、燃料交換機の周辺の詳細をつかめていない。 さらに、燃料交換機は約570キロの重さがあり、プール内から安全かつ確実に引き上げるためには遠隔操作できる専用クレーンを新たに投入する必要がある。現在、開発中だが完成の見通しは立っていないという。 燃料交換機が落下したのは8月29日で、進展がないまま1カ月以上が過ぎた。東電福島復興本社は「燃料交換機の周りの状況の把握に時間がかかっている。専用クレーンでの回収を始めたいが、開始時期は示せない」と説明している。 3号機の使用済み燃料プール内には使用済み514体、未使用52体の燃料が保管されている。東電は遠隔カメラの映像などから、落下した燃料交換機は燃料10体の上に乗っていると推測している。 続きはがれき撤去中断続く 第一原発3号機核燃料プール 落下物の回収困難

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment