海外の評価は? 原爆資料館の「被ばく再現人形」怖いから撤去 via 税金と保険の情報サイト

リニューアルで被ばく者人形を撤去

広島市にある平和記念資料館で、リニューアルにあたりやけどを負った被ばく者を再現した人形の撤去方針が示されている。訪れた子どもが怖がる、などの理由だが、同館の展示は海外からの見学者にも高評価されてきた。

子どもが怖がるから

同記念資料館は広島市に落とされた原子爆弾の被害を後世に伝えるため、実物資料の他、やけどを負った被ばく者の様子を人形で再現している。

プラスチック製の人形は、成人女性、女子学生、男児を模した3体。前に突き出された腕からは、溶けた皮膚が垂れ下がるなど、原爆が投下された直後の飛散の様子をリアルに見せつける。

この人形について、訪れた子どもなどが「トラウマになった」と語るなど、恐怖を覚えることは少なくない。広島市では14日の市議会で、2016年の記念資料館リニューアルにあたり、撤去する方針を示した。

続きは海外の評価は? 原爆資料館の「被ばく再現人形」怖いから撤去

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

6 Responses to 海外の評価は? 原爆資料館の「被ばく再現人形」怖いから撤去 via 税金と保険の情報サイト

  1. yukimiyamotodepaul says:

    原爆が怖くない、と思われる方が余程、怖いと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.