動植物の繁殖率、低下の可能性も 福島の警戒区域内 via 日本経済新聞

東 京電力福島第1原子力発電所事故による生態系への影響を調べるため、環境省が行っている動植物のモニタリング調査で、国際放射線防護委員会(ICRP)の 基準で「繁殖率の低下などの影響が出る可能性がある」と推定されるギンブナやドジョウが警戒区域内にいたことが15日までに分かった。

 環境省が14日開いた放射線が野生動植物に与える影響についての会議で、調査結果として報告された。過大に計算されている可能性もあり、担当者は「影響が出るかどうか、今後もモニタリング継続の必要がある」としている。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.