Skip to content


写真速報「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」に15000人 via レイバーネット

3月9日、東京・明治公園はふたたび「脱原発」の人波で埋まった(写真)。たくさんの労組の旗、市民団体のノボリ、脱原発グッズを手にする人など多彩な集まりとなった。安倍政権が「再稼働」に舵を切るなか、集会は緊張感に満ちていた。呼びかけ人の落合恵子さんはこう語りかけた。「あの事故のあと私たちは、だれもを犠牲にしない今までと違った暮し方・生き方のできる社会を求めてきた。いま再稼働、原発輸出が公然と語られ、オスプレイが日本中を飛行する時代になった。参院選挙後には憲法改悪が控えている。でも私たちは挫けません。力強く淡々と確かに、けれど果敢に一歩一歩毎日を反原発デーにしていきませんか。毎日が反原発デーであるということは、原発単体だけではなく、この犠牲のシステムを変えていこうという自分との約束になるはずです」。また福島からの避難者・斎藤夕香さんは「汚染の現実は何も変わっていない。福島を忘れないで」と訴えた。パレードは2コースで行われたが、出発時の警察の過剰規制により1名の逮捕者が出た。(M)

写真は 「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」に15000人

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.