Skip to content


避難先の街に落書き「被災者帰れ」 福島・いわき、東電賠償の有無で溝 via 福井新聞

(抜粋)

福島県いわき市にある仮設住宅で年明け早々、車の窓ガラスが割られたり、ペンキをかけられる被害が相次いだ。高級外車やスポーツカーが狙われた。昨年末には市役所の正面玄関の柱や市内2カ所の公民館の壁に、スプレーで「被災者帰れ」と落書きされる事件もあった。

同市は人口約33万人。福島県最大の都市で、福井市と越前町、池田町、永平寺町、勝山市が合併したほどの市域と人口を持つ。福島第1原発から南に約40キロ。立地地域とつながりは深く、この街に約2万4千人、美浜町と若狭町全住民に匹敵する避難者が集中している。

「あぜんとした。まさか…って」。20代の息子のスポーツカーが被害にあった母親が振り返る。ガラスが何カ所もたたき割られ、ドアや屋根も傷つけられていた。「息子が高校卒業後に買って大事にしてきたのに」

仮設は広大な県立公園の中にあり、一角を占領した形になっている。

「迷惑をかけているのは事実。でも私たちも1日も早く帰りたい。そう言って歩くわけにはいかないし…」と戸惑う。古里は早期帰還を目指す避難指示解除準備 区域。「もう少し待ってほしい。もう少しで帰れるから」と訴える母親。息子は「やった人が賠償金がうらやましいなら、自分と代わってほしい」と吐き捨て た。

全文は避難先の街に落書き「被災者帰れ」 福島・いわき、東電賠償の有無で溝

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.