福島県産牛のアメリカへの輸出が2年6カ月ぶりに再開 via フジテレビ

福島県産の牛のアメリカへの輸出が、2年6カ月ぶりに再開されることになり、出発式が行われた。
福島牛を食べた人は「とてもおいしくて、気に入っています」と話した。
牛肉の輸出は、口蹄(こうてい)疫の発生と、その後の原発事故で中断していたが、安全性が確保されたとして再開された。
福島からの第1陣は、三春町の畜産農家が育てた3頭分のロースやヒレなど、およそ150kgで、14日に出発式が行われた。
出荷農場の担当者は「今の風評の中で、厳しい現実の中で、1日も早い払拭(ふっしょく)のきっかけになればと感じています」と話した。
福島牛は10月23日に輸出され、アメリカの高級レストランのメニューに並ぶという。

全文、動画は 福島県産牛のアメリカへの輸出が2年6カ月ぶりに再開

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.