Skip to content


女川のサンマ、日比谷公園で収獲祭 がれき受け入れのお礼に via 日本経済新聞

宮 城県女川町の女川魚市場買受人協同組合は20日、東京・千代田区の日比谷公園で「おながわ秋刀魚(さんま)収獲祭in日比谷」を開く。女川港で水揚げされ たサンマ10トン(約6万匹)を持ち込み、炭火焼きなどにして来場者に配る。東日本大震災で発生した同町のがれき処理に真っ先に手を挙げた東京都に対し、 感謝の気持ちを伝えたいとしている。

 イベントは午前10時に開始。サンマ炭火焼きのほか、すり身汁や生サンマ10本入りパックも無料配布する。実行委員会事務局の高橋直樹さん(25)は「目利きが選んだ新鮮なサンマを味わってもらいたい」と話す。

続きは 女川のサンマ、日比谷公園で収獲祭 がれき受け入れのお礼に

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    こういったことが『良い話』となり、「絆」という名のもとにガレキ受け入れが現実化され、既成事実となることに深い危惧を覚えます。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.